深刻な社会問題になっている鬱病|症状改善にはクリニック選びが大切

治療方法は様々

婦人

不調を克服しよう

景気が回復しつつあるとは言え、企業としては最大の支出である人件費を削りたいところです。このため、一人一人の労働者の負担が増えることとなり、鬱病を発症するなど、メンタルヘルスに不調を来す人が年々増加しています。深刻な社会問題と化していますので、国としても見過ごすことができない状況になっています。働き方改革なども提唱されていますが、その浸透は十分ではありません。鬱病には十分な休養が何よりも重要です。社会における認識も深まり、企業の理解も進んでいますが、十分ではありません。鬱病ではないかと自分で気づいたり、あるいは周囲の人から様子がおかしいなどの指摘を受けた場合は、心療内科医などの専門医の診察と治療を受けることが重要です。鬱病は脳内物質であるセロトニンの量が減少することにより引き起こされる病気です。投薬治療においては、このセロトニンを増やすことで症状を改善させ、治療を行います。抗鬱薬は、セロトニン、ノルアドレナリン系の脳内の神経伝達系に作用します。薬の種類は、その化学構造や作用機序などに基づき、区分されます。脳の中のセロトニンやノルアドレナリンの作用を向上させて、抑鬱気分を取り除いて高揚した気分にしたり、積極的な気分にさせたり、不安感、緊張感、焦燥感を取り除きます。セロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれるように、人の気持ちに大きな好影響をもたらします。しかし、すべての薬が効果を発揮するというわけではありません。症状や状態によって効果が大きく変わります。また、脳内をセロトニンで満たす、すなわち薬の効果が発揮されるまでに早くて1週間、長い場合は数週間かかることもあります。さらに、効果が出る前に、吐き気やめまいなどの副作用が先行して現れますので、自分には合わないと考えて服薬をやめる患者がいますが、これは非常に危険です。あくまでも、主治医の指示に従って服薬を続け、症状がおさまったとしても、再発しないよう、完全に寛解するまで、主治医の指示に従って、服薬するることが大切です。薬は年々改善されています。セロトニンやノルアドレナリンに絞って再取り込みを阻害することができますので、副作用が減ってきています。新しく開発された薬の方が治療効果も高く、副作用が少なくなりますが、薬価が高いというネックがあります。症状によっては、昔の薬の方が症状には効果があるという場合もあります。これは、鬱病の症状が人によって千差万別であることにも由来します。発症するに当たっても、人によって要因は様々ですので、患者全員に効く薬があるとか、治療法が確立されているわけではありません。専門医の診察を受け、その指示に従って治療をすることが寛解に向けての早道となります。場合によっては、認知行動療法などの精神療法を併用して治療することもあります。鬱病にかかる人は、真面目で自分に厳しい人が多いと言われます。このため、すべてに全力投球することになったり、周囲の評判を気にしたりすることになります。これを、物事をあるがままに捉え、客観的に評価できる思考パターンを身につけることで、治療の役に立てます。

To Top