深刻な社会問題になっている鬱病|症状改善にはクリニック選びが大切

治療方法は様々

婦人

鬱病は、脳内物質である、セロトニンやノルアドレナリンの不測に引き起こされる病気です。これらの物質が減ることで抑うつ気分がたかまり、鬱病を発症します。投薬によりこれらの物質量を増やしたり、認知行動療法などで思考パターンを改善して治療します。

もっと読む

症状改善の為に出来る事

ナース

精神科や心療内科では、一人ひとりの鬱病の症状に合わせた治療をしっかり行ってくれます。しっかり通う事で気になる症状をきちんと改善する事が出来ます。是非病院を上手に利用し、鬱病の根本的な部分を治療していきましょう。

もっと読む

メンタルの病院の選定

男性

メンタル専門医の選定

人間は社会で生活を送っていますので、常に誰かと関わっていきますので、そこに鬱病が発症する可能性が大なり小なり潜んでいます。仕事がハードすぎるにしても会社との問題ですし、家庭の問題なども人との関わりから出てきます。そういった関わりからストレスが生じると、落ち込むなどの抑うつ気分になります。ここまでは誰にでも起こりますが、この症状が長く続いてしまうと、鬱病になります。メンタルヘルス不調の問題は最近になって大きく取り上げられていますが、以前から鬱病患者は多くいたと言えます。昨今は、鬱病などが社会問題化し、会社の理解も進んできていますので、鬱病を発症していることを相談された会社の中には、病気休暇を与えて、治療に専念させる会社も増えています。大企業ほど人に余裕があるはずですので、病休制度も整備していますが、最近問題になっているのは皮肉も大企業です。このため、会社には隠したままで、治療を行っている患者も多くいます。働きながら治療していくのは、ストレスを受け続けながら行いますので、いい専門医を選ぶことが大切です。最近は、精神疾患に効果がある治療薬の効能が上がってきて、副作用も軽減されつつあります。しかし、その薬剤の処方箋を書くのはあくまでも主治医です。すなわち、どの病院の診療を受け、どの主治医に治療を任せるのかが大きな課題となります。インターネットには、病院の口コミ情報が載っていますので、それを参考に選ぶことも一つの方法です。しかし、鬱病はセロトニンなどの脳内物資の異常により引き起こされる脳の病気で、症状の出方も人によって様々です。このため、ある患者にとってよかった医師が、別の患者にはよくなかったということはしばしばあります。ここにも、患者と主治医の人間関係、相性の問題が出てきます。一般的に共通して言えることは、患者の話に耳を傾けてくれるかどうかです。抗鬱剤は様々にありますが、すべての症状に効果があるとは限りません。このため、主治医は、患者の話をよく聞き、あるいは話を引き出して、患者の症状を的確に把握していくことが必要です。そして、患者の話に怒ることは論外ですが、患者の話を辛抱強く聴いてくれることが必要です。効果がないと訴えられたとしても、頭から否定するのではなく、まだ効能を出すには時間がかかるのか、別の薬に切り替えたがいいか柔軟に考えることが必要です。その意味では、最初にたくさんの薬を投薬する医師は心配ですので、別の病院でセカンドオピニオンを受けることも選択肢の一つです。こういった要素を備えた専門医が選ぶ病院を選ぶことが必要です。これに加えて、病院の立地条件も重要な要素です。鬱病の治療には、一般的に長い期間を要します。このため、自宅の近くとか、通勤途中にあるなど、通いやすい病院を選択ことは考えておくべき重要な事項です。周囲に隠して仕事を続けながらの治療ですので、あまり頻繁に休むことはできません。このため、通院しやすいかどうかは大きな要素です。このため、土日などの仕事が休むの日に診察をやっている病院を選ぶことも重要です。

気分障害の一種を理解

男の人

鬱病を治療していくということであれば、きちんと考慮して最適な方法を活用していくということが大事です。鬱病の治療方法は、増えているということから様々な選択肢があります。特徴を知って、治療方法をきちんと選択することも必要です。

もっと読む

To Top